*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現実・・。
よきゅ@さんの動物保護センター見学にトラックバックさせて頂きました。。

私が保健所(古い言い方ですが)の存在を知ったのは自分が
何歳の頃だったのか?よく覚えてはいないのですが・・・。
子供の頃から犬が怖かった私は野良犬がうろつくと怖くて
『早く保健所に連れて行ってもらえたらいいな』そんなふうに
思っていました。。
当時の私は保健所と言うのは飼い主のいない犬を引き取って
くれる場所としか認識していなかったのです。

私が保健所の本当の意味を知ったのは近所で飼っていた犬が
突然いなくなって・・その犬は仔犬の頃から知っていたので
怖くなく触れる事の出来る私にとっては数少ない犬であった為
気になってそこの家の人に聞いた処「朝起きたら死んでいたの」
その時そこの人は確かに私にはそう言ったのですが何日もしない
うちに仔犬を飼い始めました。。
その仔犬と遊びながら死んでしまったと言う犬の話しになった時に
そこの子が「本当は新しい子犬を飼いたいからあの犬は保健所に
連れて行ってもらったんだよ」と言うのを聞いて『飼い主がいる犬も
保健所で飼ってくれるの?』と聞いた私に「保健所では飼っては
くれないよ!保健所はいらない犬を連れていってくれる所だよ」と
言うのを聞いて保健所という所が私の思っているような所では
ないんだと初めて知りました。

その時知らなかったとは言え早く保健所に連れて行ってもらえば
いいのに・・そう思った自分を責めました。
アナタ達の死を望んだ訳では決してなかったと・・・。
それからは保健所と言うのは私にとって怖い場所のひとつに
なりました。。でも今は怖いのは平気で捨てたり虐待する事の
出来る人間が1番怖いですが・・。

イヴと生活するようになってネットを利用できるようになって
まだまだ知らない現実を知ることも出来ました。

この現実から目を背ける事なく知る事から始めよう。
そう思いながらもまだこうした記事を目にするだけでも
涙が溢れてしまって・・。
でも今のままだと子供時代に知らないが故に早く保健所にと
思っていた頃と変わりありません。。
私もいつかは・・・・そう思っています。

よきゅ@さん、貴重な体験のアップありがとうございます。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付不可)

ぷちさん、こんにちは。
子供ってそんなかんじでしか保健所のイメージないんですよね。
それって、昔から全く変ってないのかもしれませんね。
あたしなんて、もっとひどくて、地元の動物保護センター(こう書いてあるけれど、保健所です)を、飼えなくなった人が(例えば、引越しとか)持ち込むところかと思っていました。
今の子だって、知っている子ってあまりいないのでは?って思ってしまう。
生と死について説明が、かわいそうなことですんでしまってるんです、今の世って。もっときちんと教えていかないと、大変なことになりそうで....ふぅ~
>里々さんへ
知らないって言う事の恐ろしさってありますよね・・。今は特に保護センター愛護センターとか呼び名自体が変わっているので勘違いしてしまう事もありますよね。。
保健所がどういう施設なのかの事実が分かった時のあのショックは忘れる事が出来ません。
そして長年飼ってきた犬を分かっていながら保健所にお願いしたあの家族にも子供心に怖さを覚えましたね。1日も早くこう言う設備の必要のない国になっていってくれたらって願います。
うちの子供たちも、センターの実情は知らないと思います。
でもゆいなは一時といえどもそこに預けられてたわけだし、話した方がいいと思っています。
舜もさくらも現実を知ればきっとかわいそうだと泣くでしょう。
でもそれが現実なんだ、ゆいなのように恵まれた子の裏には死んでいく運命の子たちがいる、ということを知っていて欲しいのです。

現実から目をそらしてばかりじゃ、変えることはできないから・・・
ぷちさんトラックバック有難うございます!
保健所がどういう所なのか知らない子供、もしかしたら大人でも興味がなく知らない人は沢山いると思います。
いかに大人である私たちが人間と動物との関わり、命の重さを教えていくかが今後大切になってくると思います。
同じく愛犬家でもマナーを知らないご家族、親が子供に教えなければならないのに‥。
大人の意識改革、モラルの向上etc‥
課題が沢山です。
保健所はどういう所なのか、そしてそれは何故そういう所が必要なのか?
必要がない社会にするにはどうしたらいいのか?
そんあ風に教える事が大切と思います。
>紫苑さん
そうですね・・・うちではちょうどTVで放映されていたらしく(どこまで映像にしたかは分かりませんが)娘はそれを見て知りました。
動物が大好きな娘はショックと怒りで私が何気なく「今度生まれてくるなら(イヴのような)ワンちゃんがいいな!」と言ったのを聞いて犬だってみんながイヴのような生活をしている訳ではない!と言ってそのTVのは話しを始めました。。現実を知る事もやはり必要な事だと思いますね。。
本当に命の重さに犬、猫、人間何も変わりはないはずなのに・・。
捨てる事の出来る人は自分のした事の恐ろしさを知ろうともしないで最悪の場合それを繰り返してもっと動物に優しい国になって欲しいですよね。。一人一人の力は小さくてもその力が少しでも大きく太いものに変えていけたらと思いますね。。
ぷちさん、おはようございます。
保健所のイメージって悲しいイメージしかない私です。
大昔に保健所の中の犬達をTVで見てから、怖くて悲しくて・・
だから、保健所にも行けないんです。
早く、シェルターができて、不幸な犬達にも明るい希望が持てればいいですね。。
よきゅさんの記事、昨日繰り返し拝見したのに、この気持ちをどう表現したらいいのか分からなくてコメントも書けずにいました。
東京とこちらの広島の事情は随分と違うようです。私の住む町は市とは言っても田舎で、まだ自然も多いので野良犬がとても多くて。それに比べて東京は収容されるわんちゃんが純血種の多いこと…。なのにどんどん純血種が人間の欲によって繁殖されて、店頭には常にショーケースに犬がいっぱい。
保健所に連れて来られる仔を何とかして減らさなければ、どこもボランティアは溢れた命を抱えてしまうばかりですね。切ないです。

捨てない、増やさない。
最後まで責任を持って飼えない人がこんなに多いのだから、この現実をもっと多くの人に知ってもらう事ですね。

保健所の暗いイメージは人間が作っているのだから、もっと表に出て知らせるべきだと思います。
愛護センターの施設へ行った時(収容所の方は入ってないけど)はこのイメージを変えようとしているのが伝わってきました。幼稚園や小学生の社会化見学にも使われていました。
そんなに恐い所ではなかったですよ。躾教室もあるので皆に行ってもらいたい場所です。
恐いのは知らない事と、人間の心…。
>てるさんへ
私も保健所って言うと怖いイメージがありますね・・・。
いつかは自分の目でちゃんと確かめてその上で
何かを伝える事が出来たらって思うけど・・本当に難しい問題ね。。
>あこちさんへ
躾教室や社会科見学にも利用されているんですね・・。私も暗いイメージしかありません。
本当に知らないと言う事は怖い事ですね。。
そしてあこちさんのコメントの通りいくら頑張って救う活動をしていても肝心の捨てる人増やす人が減ってはいかない現状もどうにかできないものかと思ってしまいます。。
犬やネコと何の変わりないあたしに、一体何が出来るのだろうって考えて、
やっぱり、人間の心を変えていくこと、ここなんですが、、あまりにも理解できない人間が多すぎて、
時には、自分が『変?』って思ってしまう世の中で。
あたしの心もぐちゃぐちゃごちゃごちゃ。
まずは自分と向かい合わないとかなぁ...って思ってます。
リンクさせてもらちゃいましたぁ
ごめんなさい。事後報告で(汗)
>里々さんへ
本当にねぇ~どっちがおかしいのかすら分からなくなるような世の中ですね。。
簡単にすてるように出来ない何か良い方法はないものだろうかと思ってしまいますね。
リンクどうもありがとうございます。。
プロフィール

ぷち@管理人

  • Author:ぷち@管理人
  • シーズ-の女の子♪
    名前はイヴ♪
    1997/9/20生まれ、
    ただ今11才。
かうんたぁ

ブロとも一覧
リンク
最近の記事
最近のコメント
エディタ

edita.jp【エディタ】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。