*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
殺処分延期
2月27日7時に行われる予定だった陽性犬の処分が延期が
なりました。。
反対の方々の行動によるものと思われますが・・・。

悲しいけどこれもただ延期になったと言うだけで決定が
覆った訳ではありません。。

実際、処分の日にちが決定した事を喜んでいる人達もたくさん
いるのも現状です。。

私の住む北海道ではこの件でのニュースが私自身は1度しか
見た事がありませんが今回は放映されているのを見ました。

「このブルセラ菌とは感染病で人間にも感染する病気です」と
締めくくられていました。。
何も知識のない人が見たら何故そんな犬を1日も早く
処分しないんだ!と声を大にして言うでしょう!!

でも・・今回は経験のある獣医さんが治しますと言って下さって
います。。大阪府の税金を使う事もなくそして愛護団体の方で
隔離場所も確保しています。。

ここにブルセラ病についての事が載っています。。

こちらにも載っていました。。

スポンサーサイト

続きを読む

現場の惨状!
大阪のブルセラ病のワンちゃん達は今現在大阪府の行政の方達の
討議の結果、陽性犬の殺処分が決定しています。

それに対して賛否両論が唱えられています。
『うちの犬に感染してからでは困るから早く殺処分して
『大事な税金をそんな事に使うな(殺処分賛成)

確かに色々な意見があっても当然の事とは思いますが・・。

またたび獣医師団 大阪ブルせラ犬Brucella canis救命チーム発足!

ピッポ、大吉&十兵衛の日録

Botiboti Life

上記のブログを一度見て下さい

獣医師が必ず助けますと言って下さっています。
今までにもブルセラ病の犬を助けて来てくれた獣医師が助ける
治療後里親も必ず見つけるとまで自信たっぷりに
答えているではありませんか。。

大阪府はブルセラの検査をしただけで陽性の犬の殺処分を発表した
あとも陰性の結果の出ているワンちゃんも同じ場所から移そうとは
しません。。

そればっかりか、今現在、治療の必要なワンちゃんの診察すら
しないまま見殺しになったワンちゃんがいます。

行政側は死因は原因不明とか陰性だったにも係わらず陽性だったと
報告したりボランティアの数も感染の問題があるとは言え
人数の削減をして
人は十分に足りていると言いボランティアに
来る人も殺処分賛成の行政側の人間を多くして
今の惨状を外に漏らさないよう・・・ブルセラ病と関係なく
皮膚病になっている犬などの治療の必要な犬も見殺しにしようと
しています。。

この聞きなれないブルセラ病に対して私も含め知識不足が今1番の
問題のように思えます。。

人間であっても感染病のある人はきちんとした知識を持たない人達から
感染するのでは?と思われて敬遠される世の中なのだから
今回、きちんとした経験のある獣医師が助けると言ってくれてる
言葉を信じてまずは助ける努力をして欲しいと思う。。

少なくても行政の決論はあまりにも早すぎです・・。
もちろん税金の問題、責任問題、大阪府の獣医師会の出した決論が
覆される事の懸念・・・分からない訳ではないけど・・・。

でも、これは命の問題です
死刑判決を下すからには、これ以上は本当にもうどうする事も
出来ない・・・それからではありませんか


ブルセラ病
の記事を書いてから色々と調べてみたけど・・。

すぐに生死がどうこうの病気ではないにしても
感染病だし人にも感染する病気・・・。
(人間には風邪のような症状が出る程度らしいけど・・)
1番が治りにくく完治するのが困難だと言う事。。

wan Lifeさんのブログにも書かれているけど・・・。
【犬のブルセラ病は抗生物質投与および不妊手術により感染の可能性は著しく減少します。本件ブルセラ病陽性犬に関しては殺処分する合理的理由はありません。】
と、見解が書いてはあったけど・・・。

現在、家庭で飼われているワンちゃんの場合は即処分の対象では
ありません。。
感染に気をつけて飼い主さんがきちんと治療を続けて行く事で
ブルセラ病に罹ったワンちゃんもいるそうです。
今回の問題は陽性の犬の数が多すぎる事

完治するまで行政でこのまま治療しながら飼育していくのは
確かに無理があります。。
もし、引き取ってくれる人がいたとしても感染病があるとなると
先住犬がいたり小さい子供さんの居る家庭では里親になるのは
難しいし・・・・。

現に私はボランティアにも参加出来ないしワンちゃんを引き取って
あげる事も出来ない

可哀想だけでは乗り切れない現実もあるけど・・・。
せめてこの陽性のワンちゃんの治療を受けさせてあげる場所・
資金・時間が欲しい

繁殖場の子じゃなければ命を落とす心配もなかっただろうに・・。
この子達に何も罪もないのに・・・。

この繁殖場では産まれた仔犬をネットでも販売していたらしいけど
だいたい、この繁殖場の元のオーナーには何の罪もないの?
こんな繁殖場を野晴らしにしてた行政にも罪はないの?

人間の身勝手な行動の尻拭いが今回の結果なの?

動物愛護法ってやっぱり【絵に描いた餅】なんですね。。


処分?(#`д´)ヴォヶ!!!
wanlife

のwan Lifeの文字をクリックして頂くと
詳細が分かります

以前に記事を書かせて頂いた大阪のブリーダー崩壊
あの頃はまだこのワンちゃん達が
ブルセラ病に感染している事は知らないでいたのですが・・。

気になっていた為WANLifeさんのブログ及びボランティアの方達の
ブログをずっと読ませてもらっていましたが・・・。

所有権を大阪府に譲渡した時、府庁の担当の方は『全頭治療する方向
でがんばります』と言ってくれたそうです・・でも出した決論は

それもやるべき事を全てやって出た結論とはとても言いがたい
状態での結論にこの記事を目にした時は胸が痛くなったけど・・。

WanLifeの代表の『諦めません』の文字を見て今の私に出来る事は
この問題を少しでも多くの人に知ってもらう事

このブログからWanLifeさんのブログを見てもらってもみんなが
みんな同じ考えではないかも知れません。。。
でも、賛同してくれる人もいるかも知れない・・・・。
そんな思いを込めて今日のブログは書きました。。

続きを読む

ブリーダー崩壊
私がいつも読み逃げしているブログで読んだ記事に
またしてもブリーダー崩壊の記事が載っていました

wan lifeと言う愛護団体がレスキューに向かっている
ようです。。

大阪府で250頭のレスキューだそうです。。

私自身、このブリーダーと言うのは詳しく分かっては
いないのですが・・・それにしても何故こうもあちこちで
同じ事が繰り返されるのか??

同じ時期に新聞のチラシに可愛いわんちゃん大安売り!と
載っていました・・・ホームセンターのチラシにです。

確かに写真を見るだけでも可愛い
犬好きじゃなくても思わず見に行ってみようかって思う
だろうなって感じです・・・。

もちろん展示されて売られているこの子犬達に罪はありません。
でも思うんです。
この子達の親はどんな状態でこの子達を産んだのだろう?
この子達は買われなければどうなるんだろう?
この悪循環を止めるにはどうしたら良いのだろう?

どうしたら・・・・・。
里親募集♪
私の住む北海道には動物の愛護団体なるものが
あるのか?どうか?と思ってネット徘徊していたら
団体さんではないけれど道内でセンターから引き取り
里親に出せるまで面倒を見ている人のブログを発見

そこのふみママさんのブログでビーグル系MIXの
【オーレ君】の里親募集を見つけました。。

私に何か出来る事はないだろうか
以前からそう思う気持ちはあってもなかなか行動には
移せなくて・・今私に出来る事と言えばせめて私の知った
情報を少しでも気がついてくれる人を増やす事くらい・・・。

そこで【オーレ君】の里親募集をリンクさせて頂く事に
しましたぁ~ノレ`ノノレ`ノ♪ヽ(●´з`●)ノノレ`ノノレ`ノ♪

終生可愛がって家族の一員にと思われた方はふみママさんの
ブログからメールを送ってみて下さいね♪

ごめんね・・・。
ワンブロブを色々と回っていて動物管理センターのリンクから
私の住む地域の管理センターに飛んでみました。。

今は3頭のワンちゃんが収容されていました。。

実を言うと私は普段なるべくここは見ないようにしています。
何故かって・・・・見たところで今の私には引き取ってあげる
事も出来ない。。

それならいっそ見ないでいる方が・・って思ってしまうのです。

今回も一瞬ためらいはあったものの何故かクリックしてしまって

ゴールデンちゃんは無邪気に笑顔を見せています。
ペキニーズちゃんはうつむいて寂しそうにしています。
そしてシーズーちゃんは・・・このコは捨てられたんだなって
思います・・だって写真を見てもらうと分かるけどドックパークの
ワンちゃんにも劣らない程の状態です。。

とっても気になるけど・・やはり我が家では引き取ってあげる事は
無理で・・・どうしてこんな状態になるまで・・どうしてこんなに
なってから捨てたりするんだろう・・・。

捨てる事の出来る人っていったいどんな人間なの??

どんなに気になっても何もしてあげられない・・・。
ごめんね・・本当にごめんね・・・・。

迷子・譲渡動物のネット検索
いつもお世話になっているあこちさんのブログ
環境省 動物再飼養支援 収容動物データ検索サイト
がオープンしました。 ・・・と、言う記事を発見しました。

この記事に関連した情報が8日朝6時のNHKでも番組として
取り上げられていましたね。。

番組の中ではネットで譲渡の情報を見た女性が後ろ足の麻痺の
ある猫ちゃんを引き取って育てる事にしてその猫ちゃんは
後ろ足が骨折と脱臼とでこれからも歩く事は出来ないかも
しれない状態での譲渡でしたが
その女性はたとえこの先この猫ちゃんが歩く事が
出来なくても自分が最後まで育てていくと言う信念を持っての
譲渡で収容先の人のコメントもありましたが「たぶん足に麻痺が
ある猫なのでたぶん引き取り手はないだろう!
可哀相だけどこの子は
たぶん処分される運命じゃないかと思っていました」と・・・。

そう考えるのが確かに普通なのかも知れません。。
その女性も周りの方からはペットを飼う事じたい大変なのに
麻痺があるって事は並大抵の事じゃないと賛成してくれた
人はいなかったようですが。。
その女性はネットで見たその猫ちゃんの事が頭から
離れなくなってしまった・・・とコメントしてました。

もし、この時収容先で引き取り手はないだろうと最初から
諦めて公開していなかったらこの猫ちゃんとその女性が
出会う事はなかったのだと思うとどこに運命の出会いが
待っているか分かりません。
せっかく出来た動物再飼養支援収容動物データ検索サイト
なので少しでもたくさんの情報をネット上で公開してくれる
事を望みます。

そうそう!この猫ちゃん・・・。
歩く事は無理かも知れないと言われていましたが1ヵ月後には
ちゃんと歩く事が出来るようになっていました。
ヾ(@⌒▽⌒@)ノワーイ!

続きを読む

ノーリード
今日ノーリードで2匹のワンちゃんをお散歩させてる人を
見かけたけど・・・ただでさえ危険なノーリード!!

まして、ここは雪国・・もうこの時期になると除雪も間に
合わない状態で中道はほとんど1車線状態で対向車が来る度に
少しのスペースを見つけてはそこに避けて対向車を行かせないと
自分も進めない状態で歩道も除雪が間に合わなかったり全く除雪の
入らない歩道もある位で人が歩くのも危険だしイヴの散歩に
リードをしていても怖いなって思う位なのに大丈夫なのかな?って
思って見ながら以前雪道で車の運転中にワンコを轢きそうになった
事を思いだしました。。

続きを読む

テーマ : シーズー
ジャンル : ペット

どうして?
以前記事にした【里親募集について】の友人から
昨日メールが来ました。。

借金で生活がどうにもならなくなって・・・って内容でそこで
飼ってるシーズーを誰か引き取って育ててくれる人がいないか
探しています!と、言う内容で( -。-) =3 ふぅぅ

色々と説得してみたけど彼女自身も今は疲れているのか
何を言っても「勝手な事を言ってるのは分かってます!」とか
最後には「動物なんて飼うんじゃなかった!どっちみちこのまま
自分達の元に置いても餓死させるか病気になっても病院にも
連れて行けなくて病死させるだけ・・・」って感じで。。

実はこのシーズーちゃんはイヴの双子の片割れちゃんなんです。
元々この友人がキャンセルされて繁殖犬にするって言ってるシーズーが
いるんだけど飼う事出来ない?って私に電話をしてきた人で・・。

私がイヴを引き取る事に決めた時にもし自分が先に選ぶ事が
出来たのならこの子(イヴ)の方を選んでいたけどもう最初に
決まっていたからねぇ~って言ってて・・・。

続きを読む

プロフィール

ぷち@管理人

  • Author:ぷち@管理人
  • シーズ-の女の子♪
    名前はイヴ♪
    1997/9/20生まれ、
    ただ今11才。
かうんたぁ

ブロとも一覧
リンク
最近の記事
最近のコメント
エディタ

edita.jp【エディタ】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。